[イルカ観察日記番外編] ドラフト全体1位がスーパーボウルを勝つ確率は?

[イルカ観察日記番外編] ドラフト全体1位がスーパーボウルを勝つ確率は?

ドラフト全体1位の選手でスーパーボウル勝ったのってイーライ・マニング(NYG)が最後らしいということを聞いて、それ以前はどうだったんだろうと思って調べてみたら…
(なんとなく81年までしか遡らなかったのですが。それ以前はよくわからないので)
みんな意外と勝ってました。
さすが全体1位。

*ここでは個人成績はまったく度外視です。控えだろうがIR入ってようが関係なしです。属しているチームの最高成績だけが問題。
*最高成績だった年にドラフトされたチームから移籍していた場合は備考にチーム名を示しています。

■1981年〜2004年のイーライまで
人数:24人
SB制覇:10人(42%)
プレーオフ出場なし:1人(4%)

NFLドラフト全体1位の選手の最高成績

実に4割以上の全体1位がスーパーボウル勝ってます。なんとデビット・カーも勝ってる。試合出てないけど。
スーパーボウル出場ということならばあと3人追加で、54%もいる。

■2005年〜2015年まで
人数:11人
SB出場:2人(18%)
プレーオフ出場なし:2人(18%)

NFLドラフト全体1位の選手の最高成績

では最近はどうか。
ルーキー契約中の選手は除くとして、11人中スーパーボウル制覇はゼロ。まあ特にQBはスーパーボウルに勝ったのがデビューから10年以上経ってからなんてことも多いみたいなので、どうしても少なくなるのは仕方ないとしても、でももう14年間も誰も勝ってない。
チーム作りの傾向の変化とかあるんでしょうか。でも全体1位はやっぱりみんな欲しがるし、それでチームが強くなってないってのは不思議ですね。


■ということで
まだスーパーボウル勝ってない選手の中で今年チャンスっぽいのは、
 フィッシャー(KC)
 ゴフ(LAR)
あたりでしょうか。
ギャレットとメイフィールドのCLEコンビも今年はともかく、来年あたりは狙ってくるはず。
ラックさんもそろそろ完全復活なるか。
でもやっぱり今年がんばってほしいのはスタッフォードかな。



関連情報

  1. [イルカ観察日記] ドラフト指名選手まとめ
  2. [イルカ観察日記] 現有戦力からドラフトでのニーズを考えるの巻
  3. [イルカ観察日記] 2020年ドルフィンズのいかれた最終ロスターを紹介するぜ
  4. [イルカ観察日記]すっきりした最終週MIA@BUF
  5. [イルカ観察日記]ツアの出来は交代させられるほど悪かったのか検証。第16週MIA@LV
  6. [イルカ観察日記]開幕戦で散ったフィッツおじさんの仇討ちに成功した第15週NE@MIA
  7. [イルカ観察日記]どうせ負け試合なのに頑張って怪我人出しまくり、事実上の敗北以上だった第14週KC@MIA
  8. [イルカ観察日記] バロー不在で残念だった第13週。CIN@MIA
  9. [イルカ観察日記] 番外編。ドラフト全体1位指名権を得たチームがQBを指名するのと、トレードアップして指名するのと、どっちが良いのか問題。
  10. [イルカ観察日記] 第12週ジェッツ戦。波乱なし。


コメントを残す