予想通りになってしまった第13週MIA@SFレビュー

予想通りになってしまった第13週MIA@SFレビュー

■結果

MIA 17-33 SF

■展開

試合前の懸念点

・パスプロ崩壊でオフェンスが成立しない

・サックされまくりでツアが壊れる

勝つための条件

・ディフェンスが14点以内に抑える

・ガロッポが2回やらかす

これらのうち、懸念点は当たってしまい、勝つための条件は満たせませんでした。

オフェンス試合開始直後こそラッキーパンチが当たって一発タッチダウンで先制しましたが、その後は全然ダメ。

ディフェンスの方も、相手QBガロッポに怪我させちゃった上に、代わって出てきた控えQBにやらかしてもらうこともできず、むしろ止められなかった。

■オフェンス

ツア

パス18/33、295yds、2TD、2INT

パスラッシュが怖いからLOS付近のパスが普段の試合よりもはるかに多いのと、LBの裏へのパスはいつも通り多かったもののINTもその近辺なのが目立ったところでしょうか。タッチダウンは2つとも半分ラッキーなロングゲイン、成功率が低過ぎてドライブになりませんでした。

ビビり散らかした前半

パスプロ持たない+ボサが怖い→パス乱れまくり

とはいえ、先週ほどひどいパスプロではなかったと思うのですが。落ち着いて素早く投げるか、一度ポケット内で上がるか外に逃げるかすれば、なんとかなるプレーが多かったように思います。しかし、ツアが慌て過ぎて勝手にパスが乱れたという印象。もう少し上達してほしいところです。

結果、パスミスだらけでオフェンスになりませんでした。

無茶しまくった後半

後半は、このままじゃダメだとばかりに恐怖に立ち向かってパスを投げました。

少し上手くいきました。

でも、モメンタムをつかめそうになるとOLが反則してしまったり、レシーバーがポロリ気味でパス失敗してしまったり、結局追いつけず。そうこうしているうちに、パスラッシュがきた時に無理に投げたり逃げたりするツアの悪い癖が出て、ドツボにはまる形になりました。

この3週間ほど慎重に投げ捨てたり安全にサックされたりしてたんですが、さすがに無理しなきゃいけない展開に追い込まれるとダメでした。投げたり逃げたりするのが少しずつ遅い感じ。上達するのかなあ。

ともあれ、ツアはパスプロが持たないとどうしようもないことはわかりました。マホやバローのように走って逃げながらレシーバーがあくのを待つのは無理っぽい。なのであとは、兄者のようにディフェンスを読む力をつけるか、ブレーデー様のように素早く散らす力をつけるか、ひとりで打開できるQBと言われるためにはどちらかしかない。

が、まずはプレーコールに頼って良いからビビらずにプレーを完成させられるようになってほしいところです。ゴフで良いんだ、チームが勝てれば。

OL

LT72アームステッドとRT73ジャクソンが休み、すでにIR入りしているLG74アイケンと合わせて3人が控えで、SFの強力フロントと戦えるはずがなかった。TEやRBを使ってパスプロを増やすかとも思いましたが、それよりは素早く投げれば大丈夫だろという方針だったようです。しかし、ツアが大丈夫じゃなかった。

アームステッドの不在がいつまで続くかで、今後の地獄具合が変わってきそうです。ジャクソンは再びIRに入ってしまいました。急遽無職してた元ドラフト全体1位のフィッシャーを取りましたが、使えるかどうか。

来週@LAC、再来週@BUFは無理だとしても、最後の3試合はどうにか整ってほしい。

■ディフェンス

ガロッポ

序盤でガロッポを壊してしまいました。申し訳ない。でもあれはガロッポが無理に逃げすぎたのと、審判が笛吹くのが遅かったせいだ、と責任転嫁しておく。でも何よりガロッポの体質か。ツアも終盤にしれっと足首怪我してたし、スペQBを持つとつらいですね。

パーディ

この試合は元々オフェンスで十分な点が取れるとは思っていなかったので、勝つためにはガロッポに2回ほどやらかしてもらう必要がありました。そして、その使命は交代して入ってきたパーディくんに引き継がれた。

パーディくん、ルーキー、ドラフト256位、最後の最後の指名、いわゆるMr. Irrelevant。みんなさほど期待してなかったはずなんだけど、この子が良かった。

堅実に試合を壊さず、確かにパスミスも多かったけど取れない程度のミスでINTになるほどではなく、ブリッツが来た時の対処は上手で裏にきちんと投げられていた。ちゃんと学習してプレー覚えてたんだなあ、しかも動けてるのすごいなあ、という感じ。

これからもガロッポと同程度の仕事はできると思うの。

ディーボとマキャ

タックルできねーなーってプレーは何度もありましたが、全体で見ると、

ラン合計21回71yds

パス合計14キャッチ138yds,1TD

そんなにひどくやられた訳ではない。

ディフェンスの失点は実質20点くらいなので許容範囲ではありました。問題はオフェンス。

■来週は@LAC

時間がSNFに変更になったものの、今週はMIAもLACも負け。盛り上がるか不安になってきました。

2週連続でボサにちんちんにやられるのかと思ったら、LACの方のボサはとりあえずまだIRらしい。でもマックもいるし、MIA絶対許さないニキことバンノイもいる。アームステッドはまだ戻れなさそう。ツアの怪我はどれくらいなのかなあ。

ということで、再び自滅しないでくださいね。



関連情報

  1. それぞれの2022シーズン。ディフェンスとスペシャルチーム編
  2. それぞれの2022シーズン。オフェンス編
  3. それぞれの2022シーズン。コーチ編
  4. MIA頑張ったというかBUFだめだったというか、ワイルドカードプレーオフMIA@BUFレビュー
  5. 勝った以外に特に収穫なしの第18週NYJ@MIAレビュー
  6. 愚痴。第17週MIA@NEレビュー
  7. 前半20点、後半0点、ツアの脳震盪のせいなのか?の第16週GB@MIAレビュー
  8. 接戦はできたけど地力の差を見せつけられた第15週MIA@BUFレビュー
  9. 新たなツア対策が登場した第14週MIA@LACレビュー
  10. 前半30-0、後半0-15の第12週HOU@MIAレビュー