07.オフェンスの得点 [03.試合の流れ]

07.オフェンスの得点 [03.試合の流れ]

アメフトのルールを解説するハム オフェンスが上手くいってどんどん進んだらどうなるー?


得意げなカエルタッチダウンだろぉ


ルール解説ハム そうだね、そこまで行けなくても、フィールド・ゴールで得点ができる。


オフェンスが得点する方法にはこういうのがあるよ。

a)タッチダウン


 オフェンスの選手の持っているボールが、ゴールラインに到達したらタッチダウン。6点入るよ。さらにもう1プレー攻撃をすることができる。それはポイント・アフター・タッチダウンって言うんだけど、次で説明するね。

 まず、アメフトのフィールドは100ヤードだったね。そして、両側に10ヤードづつエンド・ゾーンがある。

エンドゾーンとはどういうものか
 タッチダウンは、ボールがエンド・ゾーンにちょっとでも触れればOKなんだ。ちなみにゴール・ラインはすでにエンド・ゾーンの中って扱いね。ゴール・ラインだって10センチとか幅があるから、それをただの境界線ってことにしちゃうと、フィールド100ヤードとエンド・ゾーン10ヤードとは別にラインの幅分の長さができちゃって困るからね。

 一応言っとくけど、ラグビーと違ってボールを地面に触れさせる必要はないよ。ゴール・ライン上に垂直に立った架空の壁を想像して、それに触れた時点でタッチダウンってことになるわけね。
 分かりにくい表現だけど、ゴールラインを超える必要はないっていうことで、ぎりぎりボールの先端が触れればOKってこと。


エンドゾーンはこんな感じ。
エンドゾーンの位置
エンドライン上の架空の壁を想像してください。
エンドゾーンには架空の壁があります
その壁にボールが触れた時点でタッチダウン。
エンドゾーンにボールが入ればタッチダウン
 この下の写真では、ボールを持っている選手の体はエンド・ゾーンに入っていないけど、ボールはゴールラインの上にあるので、すでにタッチダウンが確定してるってわけね。
ボールだけエンドゾーンに入ればタッチダウン
 で、この架空の壁はアウト・オブ・バウンズ(フィールドの外側)にも延長されるので、
フィールドの外側にもエンドゾーンは続く
サイド・ラインの外側にジャンプしたとしても、地面につく前にボールがこの架空の壁に触れればタッチダウンになるよ。
フィールドの外でもタッチダウン
 それから、投げられたパスをエンド・ゾーンの中でキャッチしてもタッチダウン。
 ただしエンド・ラインは、すでにエンド・ゾーンの外側っていう扱いなんだ。ゴール・ラインが実はエンド・ゾーンの内側だったのと逆だね。だから空中でパスを捕ったレシーバーが、着地したときにエンド・ラインを踏んでたら、それは失敗ってことだよ。

b)ポイント・アフター・タッチダウン


 タッチダウンしたチームにはまず6点入る。そしてその後に、もう1回オフェンス・プレーをすることができる。このプレーを、ポイント・アフター・タッチダウン(PAT)、もしくはトライ・フォー・ポイント(TFP)っていう。
 このときに、ゴール前15ヤードの地点からフィールド・ゴールを蹴って成功すれば1点、もしくはゴール前2ヤードの地点からラン・プレーかパス・プレーをやってタッチダウンが取れれば2点追加される。
 ただし、フィールド・ゴールやタッチダウンっていう言い方はしない。タッチダウンしたオフェンスは、その後には成功する確率が高い15ヤードからのキックを選択することがずっと多いから、普通にトライ・フォー・ポイントとか言った場合は、キックを指す場合がほとんど。
で、2点を狙ってオフェンス・プレーをする場合だけ特に「2ポイント・コンバージョン」っていうことが多いよ。

c)フィールド・ゴール


 1人の選手(ホルダー)がボールを地面に置いて手で押さえて固定して、それを他の一人の選手(キッカー)がキックする。それがゴール・ポストの間、ゴール・バーの上を通れば成功。
これをフィールド・ゴールって言うよ。点数は3点。

フィールドゴールを蹴るキッカー
 ゴールポストの幅は18フィート6インチ(約5.64メートル)、ゴール・バーの高さは30フィート(3.5メートル)。ポストは真っすぐ上に延長されると仮想されるから、ボールがポストの上端よりも高いところを飛んでいっても、間を通ったと判断されれば成功。

アメフトのゴールポストのサイズ
 もうひとつ、○○ヤードのフィールド・ゴールとかって言う場合、単純にボールがある位置からゴール・ラインまでの距離のことじゃないから注意ね。
 ボールを置いて蹴るための時間を作るために、オフェンスは一度ボールを後ろに下げるんだ。この距離が7ヤード。さらに、ゴールポストはエンド・ゾーンの一番後ろにあるから、エンド・ゾーンの広さ10ヤード、合計17ヤードをボールのある地点からゴール・ラインまでの距離に足したものがFGの距離になる。つまり、ボール・オン30ヤードからのFGでは、47ヤードってことになる。

アメフトのフィールドゴールの距離の計算の仕方
 それから、失敗した場合はサイドチェンジっていうことで相手の攻撃になるんだけど、フィールド・ゴールを蹴ったプレーの始まった場所ではなくて、キックした地点からってことになってるんだ。30ヤード地点からのFGトライでは、実際に蹴るのは37ヤード地点だよね。だから失敗した場合は、ここから相手の攻撃が始まるよ。

知ったかぶりをするカエルFGの最長記録は64ヤードだぜ、フィールドのほとんど真ん中から蹴ったんだぜ。
まぁ、50ヤードを超えると成功率は半々くらいになるけど、40ヤード台なら8割以上の確率で成功するし。40ヤード以内のFGを1試合で2回失敗したら、だいたいそのキッカーは次の日にはクビになってるよなー。


ルール解説ハム そうだね、じゃあフィールド・ゴールのもうひとつの蹴り方は知ってるかな?


アメフトのルールを知りたいネコはい! スカイ・ラブ・ハリケーン!


ニヤニヤするルール解説ハム 無視する。
カワズ、答えなさい。


アメフトのルールがわからなくて焦るカエルえええっと、知ってる、ほら、あれ、蹴るの、ペッ!って、蹴るの。アレ。


ニヤニヤするルール解説ハムそうだね、ラグビーのドロップ・ゴールと同じ感じで、ボールを持ってた選手が、一度ボールを地面に落としてバウンドさせて蹴るんだね。
これはボールをおさえる選手がいないから、直前までフィールド・ゴールを蹴るってばれないんだけど、ボールは楕円だからバウンドのさせ方が難しいし、おさえてた方が飛距離も出るし、そもそも蹴るってばれたって別に大差ないから、ほとんど使われないね。
ってか、使われたらむしろ舐めてんのかって感じだね。






怒るネコ舐められてるー!!



関連情報

  1. [10]8.スーパーボウルに個人でチケットを取って観戦に行く方法
  2. [10]07.無資格レシーバー? 有資格レシーバー?
  3. [10]06.QBレイティング
  4. [10]05.ファンブルかインコンプリートか問題(タック・ルールの改正)
  5. [10]04.プレーはどこで終わるんだろう
  6. [10]03.OLを見るとプレーがわかる?
  7. [10]02.2ポイント・コンバージョン
  8. [10]01.オーバータイム
  9. [09]03 主な反則04 パーソナルファール
  10. [09]03 主な反則03 反則になるブロック

1件のコメント »


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です