[04]02(1)オールドTフォーメーション

[04]02(1)オールドTフォーメーション

アメフトのルールを解説するハムスター LOSに7人のラインを配置しなきゃだめっていうルールとともに生まれた、フォーメーションの原型とも言えるようなのがこれ。



オールドTフォーメーション
 ラインは7人を一列に並べて、スナップを出すセンター(C)の後ろに、それを受け取るクォーター・バック(QB)を置く。さらにその後ろに3人のランニング・バック(RB)をまっすぐ配置するだけっていうシンプルなフォーメーションだよ。
 RBは、QBの真後ろにいるものをフルバック(FB)、両側にずれて配置されているのをハーフバック(HB)って呼んで一応は区別してる。

 このフォーメーションが生まれたときは、ボールを持って走る選手にできるだけ多くのブロッカーをつけるのが第一に考えられていたんだね。そのために、両タイト・エンド(TE)はルール上はパスを捕ることができたけれど、ほとんどブロッカーとしてしか使われていなかったみたい。

 オールドTはいまでも、ゴール前の攻撃だとか、3rdダウン&ショートなんかでは、たまに見ることもある。とにかく全員でブロックして力づくで数ヤードだけでもゲインしたい、っていうパワー・ラン、もしくは、そのフェイクからのプレー・アクション・パス。ほとんどそのどっちかのプレーって考えていいフォーメーションだね。


アメフトのルールを勉強するネコ単純だねー♪
これくらいならわかるー! フォーメーションとかぜんぜんよゆー!


アメフトのルールを解説するハムスター ま、これがだんだん複雑に進化してくんじゃがの。




関連情報

  1. [10]8.スーパーボウルに個人でチケットを取って観戦に行く方法
  2. [10]07.これってNFLのルール的にアリですか!?
  3. [10]06.QBレイティング
  4. [10]05.ファンブルかインコンプリートか問題(タック・ルールの改正)
  5. [10]04.プレーはどこで終わるんだろう
  6. [10]03.OLを見るとプレーがわかる?
  7. [10]02.2ポイント・コンバージョン
  8. [10]01.オーバータイム
  9. [09]03 主な反則04 パーソナルファール
  10. [09]03 主な反則03 反則になるブロック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です