[04]02(2)シングル・ウィング・フォーメーション

[04]02(2)シングル・ウィング・フォーメーション

ルール解説ハムさて、オールドTの、ライン7人を前に並べちゃうっていうのはそのままに、バックの位置を変えたものが生み出されるわけです。
今日はそんな、シングル・ウィングについてでーす。



シングルウィング・フォーメーション

 これは、7人のラインを全員並べるのはオールドTと同じだね。ただ、スナップを受け取るQBが、センターから5ヤードほど後ろに配置されているのが特徴。そして、バックのひとりをラインのすぐ外側、LOSから2ヤードくらい下がったところに置いてる。ラインとこのバックの並んだ形が、鳥の羽の先のように見えることから、ウィング・バック(WB)って呼ぶよ。
 このWBがひとりなのでシングル・ウィング。両側につけてたらダブル・ウィングね。


アメフトのルールにはさほど興味がないクマウィング…手羽先…



シングルウィングフォーメーションの形の手羽先
アメフトのルールを解説するハムスターうん。似てるじゃろ?
 このフォーメーションでは、センターはQBにボールを投げるようにしてスナップする。それか、HBにスナップすることもできるんだね。


 QBがスナップを受け取った場合には、他の3人のバックも、その前のラインも全員ブロッカーにしてランプレーをする。

シングルウィングのパワーラン
 スナップをHBが受けた場合には、LOSからの距離がQBよりも近い分だけタイミングの早いラン・プレーになる。

シングルウィングのクイック・ラン

アメフトのルールを知りたいネコこれ、そんなに違うけ?


アメフトのルールを解説するハムスターまあこの場合も結局はQB以外の全員でブロックするから、それほどの違いはないように思えるんだけどね。当時は異なる種類のプレーができるって点が画期的だったらしいんだ。それまでのオールドTではとにかく力勝負のプレーばかりだったから、それよりも早いプレーがあるっていうのが新しかったんだろうなあ。

 このフォーメーションではランナーになるのも、パスを投げるのもQBになる。ってことは、その1人への負担が大きくなっちゃう。なので、QBの怪我をできるだけ避けるのが一般的になってからは、ほとんど使われなくなってたんだ。もしくは、ショットガン・フォーメーションのバリエーションとして、ほとんどパス・プレー専用のフォーメーションになっていた。


ルールを知ってるので余裕のカエル でもこれ、見たことあるでゲスよ。
QBがいなくなって、RBがスナップを受け取るやつ。


ルール解説ハムそうなんだよー、たまに見るでしょ。
10年くらい前にちょっと流行して、それからそこそこ定着してるんだよ。名前は「ワイルドキャット・フォーメーション」って変わってるんだけどね。
プレーのコンセプトも若干違って、後でやるけどオプションっていうプレーに近くなってる。古いものを掘り起こして改良して使うってこともときどきあるんだね。




関連情報

  1. [10]8.スーパーボウルに個人でチケットを取って観戦に行く方法
  2. [10]07.これってNFLのルール的にアリですか!?
  3. [10]06.QBレイティング
  4. [10]05.ファンブルかインコンプリートか問題(タック・ルールの改正)
  5. [10]04.プレーはどこで終わるんだろう
  6. [10]03.OLを見るとプレーがわかる?
  7. [10]02.2ポイント・コンバージョン
  8. [10]01.オーバータイム
  9. [09]03 主な反則04 パーソナルファール
  10. [09]03 主な反則03 反則になるブロック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です