[04]02(6)ウィングTフォーメーション

[04]02(6)ウィングTフォーメーション

ルール解説ハムさらにー。スプリットTが普及した後には、ラインに限らず選手の配置を全体的に広げる動きがもっと進んでいった。3人いたRBの1人をウィング・バックにしたフォーメーションがよく使われるようになっていったんだって。それがウィングT。


アメフトのルールにはさほど興味がないクマまた手羽先…?



シングルウィングフォーメーションの形の手羽先


アメフトのルールを解説するハムスターまあ勝手に食っとけ。
RBが3人の場合、LOS付近のパスを捕れる選手は両TEだけだね。なので、パス・プレーの種類が限られちゃう。そこでウィング・バックを置いて、パス・プレーのバリエーションを増やせるようになったわけ。



ウィングTフォーメーション

 ラン・プレーでは、最初からWBがいるから、ラインの外側を走るプレーがやりやすい。
 内側のラン・プレーをするときにも、WBをつくった分だけブロッカーが減ってるんだけど、パスの割合や種類が増えてるから、ディフェンスもパスに対応する選手をつくらなきゃいけなくなっちゃう。だから人数で負けることはあんまりないんだ。2人いるRBの1人もブロッカーになれるしね。

 で、フォーメーションが進化してできることが増えてくると、プレーも進化して、アサイメント(プレーごとの各選手の動き方)も複雑になっていった。
 これが、アメフトらしくて面白い部分でもあるんだけど、なにしてるのか分からないって言われる原因でもあるんだよねー。


アメフトのルールを知りたいネコそれをネコでもわかるように説明するのがキミの仕事だ!


アメフトのルールを解説するハムスターあー。

善処しまーす。




関連情報

  1. [10]8.スーパーボウルに個人でチケットを取って観戦に行く方法
  2. [10]07.これってNFLのルール的にアリですか!?
  3. [10]06.QBレイティング
  4. [10]05.ファンブルかインコンプリートか問題(タック・ルールの改正)
  5. [10]04.プレーはどこで終わるんだろう
  6. [10]03.OLを見るとプレーがわかる?
  7. [10]02.2ポイント・コンバージョン
  8. [10]01.オーバータイム
  9. [09]03 主な反則04 パーソナルファール
  10. [09]03 主な反則03 反則になるブロック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です