[04]02(8)プロ T フォーメーション

[04]02(8)プロ T フォーメーション

アメフトのルールを解説するハムスター というわけで、まずは「プロT」。


アメフトのルールが分かった気になっているクマ
プロテイン!


アメフトのルールを解説するハムスターどけ、クマ。


 スプリットTフォーメーションをもとにして、プロ体型にしたのがプロTってことだよ。ただしプロ体型ではRBは2人なので、完全なT字型にはならないんだけどね。
 基本はQBの真後ろにいるフル・バック(FB)がブロッカーの役割を、外側にずれて配置されているハーフ・バック(HB)がボール・キャリアになることが多い。役割にあわせて、選手もFBはブロックが強い選手、HBは足が速い選手が多いんだよ。


プロTフォーメーション

逆さになったTに見えるってことだね。



 今はTに見えなくても、昔のTからRBが減ったって考えれば納得のお名前だね。
 で、完全なTの形になっていないので、TEとRBの配置によって、左右の人数がアンバランスになるっていうのも特徴なんだ。ストロング・サイドにHBがいるのをストロングT、ウィーク・サイドにいるものをウィークTって言って区別することもある。上の図はウィークTね。
 ストロングTとウィークTは、ちょっと見ると同じだけど、最初に考えられたときの目的も得意なプレーも違うんだ。


ウィークT


 HBをウィークサイドに置いたバージョン。FBがブロッカーになって、HBがランナーになることが多いよ。

ウィークTフォーメーション


 ストロング・サイド(図では右)へは、FBをリード・ブロッカーにして、その後ろからHBが走っていくパワー・プレーができる。ウィーク・サイド(図では左)には、HBがピッチを受け取ってスピードでディフェンスを振り切るプレーが得意だよ。ただ、そのバランスの悪さを逆に利用して、ディフェンスの裏をかくカウンターも使いやすいから、オフェンスとディフェンスのプレーの読み合いが生まれるわけね。


ストロングT


ストロングTフォーメーション


 こっちはHBがストロング・サイドにいる。FBをリード・ブロッカーにして、その後ろからHBが走っていくパワー・プレーが、TEのいないウィーク・サイドにも展開できるね。
 逆にFBにもTEのいるほうをブロックさせると、ブロッカーがストロングサイドに集中する。で、そのブロックがたくさんいるところに、ウィークTでは逆側からHBが走ってきてたんだけど、こっちではHBがストロング・サイドに最初からいるから、少し早くLOSまで行けるっていう利点があるね。


驚くカエルほんのちょっとの違いじゃねーですか…


ニヤニヤするルール解説ハムそうじゃ、そのちょっとが命取りなんじゃよ。
ちょっとと思っても。だめ、ぜったい。


 それから、FBをいなくして足の速いHBを両側に2人配置して使う場合もある。これはヴィアっていう。形としてはほとんどこのプロTと一緒なんだけど、つくられた過程というか目的というか、ちょっと違うので、また後で説明するね。


アメフトのルールが理解できないネコなんか、どんどん複雑になってくね…


アメフトのルールを解説するハムスター最初はよくわからないかもしれないけど、そんなもんかなーってくらいでいいよ。後でそれぞれのプレーのことなんかが分かってきてから見直すと、それでまた面白くなるからね。



関連情報

  1. [10]8.スーパーボウルに個人でチケットを取って観戦に行く方法
  2. [10]07.これってNFLのルール的にアリですか!?
  3. [10]06.QBレイティング
  4. [10]05.ファンブルかインコンプリートか問題(タック・ルールの改正)
  5. [10]04.プレーはどこで終わるんだろう
  6. [10]03.OLを見るとプレーがわかる?
  7. [10]02.2ポイント・コンバージョン
  8. [10]01.オーバータイム
  9. [09]03 主な反則04 パーソナルファール
  10. [09]03 主な反則03 反則になるブロック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です