[04]04(1)11.大きなカウンター

[04]04(1)11.大きなカウンター

アメフトのルールを解説するハム
そして「小さなカウンター」ともうひとつの方、「大きなカウンター」でーす。


 単純に、ディフェンスを騙すためにボールを動かす幅が大きいって考えましょー。ほんとにすごく大きいんで、「大きなカウンター」は、普通のラン・プレーとはちょっと言えなくなっちゃうくらいなんだ。スペシャルプレーなんて言われる、使いどころを間違えるとリスクも大きいけど、決まったときのゲインの大きさと気持ちよさは最高!ってプレーに近いんだね。


アメフトのルールを知りたいネコ最高ですか!?


アメフトのルールが分かった気になっているクマ最高でーす!!


驚くカエル古い…


アメフトのルールを解説するハムスター図は大きなカウンターの代表例、リバースっていうプレーだよ。QBがRBにボールを渡してオープンのふりをする。でもその後で、RBは今度はWRにボールを渡して、WRが逆のサイドへ戻るんだ。


 これは大きなカウンターの代表例、リバースっていうプレーだよ。QBがRBにボールを渡してオープンのふりをする。でもその後で、RBは今度はWRにボールを渡して、WRが逆のサイドへ戻るんだ。


リバースのアサイメント

 右のオープン・フィールドから左のオープン・フィールドへボールがすごく大きく動くね。だから「大きなカウンター」ってこと。
 RBがボールを持っている間の動きは全部フェイクなわけだけど、それが大きいから、その分だけディフェンスを大きくひきつけられる。なので、ボールを受け取ったWRが自由に走れるスペースが大きくなる(ことを期待してる)ってわけ。

 オフェンスが期待するディフェンスの動きは青線。右のLBはオープンのフェイクに反応する。その後はWRを後ろから追いかけることになるね。中のLBはオープンに反応した分、センターがブロックにいけるだけの時間ができる。左のLBはオープンが逆サイドのプレーなのでパシュートをはじめる。そのため、戻ってきたWRに追いつけるのもフィールドの後ろのほうになっちゃうから、自由に動けるWRをタックルするのは難しい。左のDEはコンテインといってOLの外側からRBを追いかける役割なので、この選手をブロックすることが大切になるよ。

 大きなリターンも期待できるけれど、フィールドの端から端までずっとLOSの後ろを走らないといけないから、ディフェンスに読まれてしまうと大きくロスする危険もあるんだ。だからあまり頻繁に使われるってプレーじゃないんだね。


アメフトのルールを勉強するネコ最高ですねー!


アメフトのルールが分かった気になっているクマ
最高でーす!!


ルールを解説するハムそのネタはもうやめろ…



関連情報

  1. [10]8.スーパーボウルに個人でチケットを取って観戦に行く方法
  2. [10]07.これってNFLのルール的にアリですか!?
  3. [10]06.QBレイティング
  4. [10]05.ファンブルかインコンプリートか問題(タック・ルールの改正)
  5. [10]04.プレーはどこで終わるんだろう
  6. [10]03.OLを見るとプレーがわかる?
  7. [10]02.2ポイント・コンバージョン
  8. [10]01.オーバータイム
  9. [09]03 主な反則04 パーソナルファール
  10. [09]03 主な反則03 反則になるブロック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です