[05]02(7)スプリット4

[05]02(7)スプリット4

アメフトのルールを解説するハムスター7人→6人→5人って、ディフェンス・ラインが減っていく…
次は誰がいなくなるんだ…?


ルールを覚えられないネコえっ!?
ミステリー的な流れ!?


ニヤニヤするルール解説ハムそうだよ…
まだまだ、減っていくんだよ…


泣くネコ助けてコナンくん…


アメフトのルールを解説するハムスターそんなわけでDLは、1950年代にはついに4人になったんだよ。
6-2のDLの2人をLBにしたスプリット4っていうフォーメーションが使われたんだ。DLが4人、LBが4人なので4-4とも言う。



4-4ディフェンス


 ワイドタックル6でDBが3人に増えたときには、DBがセーフティーとコーナーバックの2種類にポジションが分かれていったね。それと同じように、このフォーメーションではDLとLBの役割も細分化していったんだ。
 LBは外側の2人がアウトサイド・ラインバッカー(OLB)、内側の2人がインサイド・ラインバッカー(ILB)に区別されるようになった。OLBはILBに比べてパス・カバーやブリッツをすることが多くて、スピードが必要。ILBはオフェンス・ライン(OL)にブロックされることが多いのでパワーが求められるって感じだね。


アメフトのルールを知りたいネコどんどん役割が細かくわかれてくねー!
いい加減にしてくれねーと覚えきれなくて泣くぞ!


ニヤニヤするルール解説ハムまあ、選手の性格と役割がそれぞれ細かく分かれてるっていうのが、アメフトの面白さでもあるからね。


 この中と外の選手の役割の違いはDLも同じなんだよ。
 DLの内側の2人、ディフェンス・タックル(DT)は、OLのブロックを受け止めて内側に来るラン・プレーを守らなきゃいけないからパワーが必要。外側の2人、ディフェンス・エンド(DE)は、OLの外側を回り込んでLOSを越えていってQBを追ったり、オープン・フィールドのラン・プレーを守ったりするからスピードが必要。

 それから、パスを守るのにゾーン・カバーっていう方法が導入されたから、そのためにLBを増やさないといけなかったっていうのも、LBが4人になった理由の一つだよ。LBとDBの合計7人でパス・カバーをするんだね。
 でもこの後には、パス・プレーの割合がもっと大きくなったからか、DBが4人っていうフォーメーションが基本になっていったんだ。なので、今では4-4はほとんど見られなくなっちゃった。


知ったかぶりするカエル 次は誰がいなくなるんでげすかー。


前のページ:
[05]02(6) 5-2イーグル
次のページ:
[05]02(8) 4-3カレッジ

関連情報

  1. [10]8.スーパーボウルに個人でチケットを取って観戦に行く方法
  2. [10]07.これってNFLのルール的にアリですか!?
  3. [10]06.QBレイティング
  4. [10]05.ファンブルかインコンプリートか問題(タック・ルールの改正)
  5. [10]04.プレーはどこで終わるんだろう
  6. [10]03.OLを見るとプレーがわかる?
  7. [10]02.2ポイント・コンバージョン
  8. [10]01.オーバータイム
  9. [09]03 主な反則04 パーソナルファール
  10. [09]03 主な反則03 反則になるブロック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です