[10]02.2ポイント・コンバージョン

[10]02.2ポイント・コンバージョン

アメフトのルールを知りたいネコおいさん!おいさん!おにーさん!
ポイント・アフター・タッチダウンで2ポイント・コンバージョンってのがあるじゃろ?


ニヤニヤするルール解説ハムあるよ。タッチダウンしたチームは、2ヤード地点からもう一回プレーができる。
それでフィールド・ゴール成功だと1点、ランかパスでタッチダウンだと2点入るよ。2点を狙うのが2ポイント・コンバージョンね。


アメフトのルールを知りたいネコ
つまり、毎回2点取ったらいいのです!
そしたらどんどんたくさん点が入るのです!


ルールを説明するハムおまえさん、失敗することを考えてないね…


知ったかぶりをするカエルこれが若さか…


アメフトのルールが理解できないネコえ…だめなの…?


ルール解説ハム
じゃあ、計算してみよう。


 PATでFGを蹴ったときの成功率はほぼ100%だね、まあ99%としておこうか。
 それに対して、2ポイント・コンバーションの成功率は40%くらいだと言われている。2007年シーズンの全部のチームの合計が44%だったとか。ソースわからなくなっちゃったけど。

ってことは、100回やったとして、
・全部キックの場合:100回×成功率99%×1点=99点
・全部プレーの場合:100回×成功率44%×2点=88点
理論的にはこうなる。
つまり、全部2ポイント狙いのほうが、合計で取れる点数は少なくなっちゃうんだ。


アメフトのルールを全く理解できないネコ
どぇ。。。


ニヤニヤするルール解説ハムが、それは去年までの話。


2015年シーズンから、ポイント・アフター・タッチダウンのルールが変わったんだ。
2点を狙うときには、これまで同じく2ヤードから攻撃するんだけど、1点を狙うときには、15ヤードラインからFGを蹴るように変わった。
遠くから蹴るんだから、キックの成功率が下がるよね。


アメフトのルールが理解できないネコう…どんぐらいになるのかな…


アメフトのルールを説明するハム15ヤード地点からのFG(つまりロングスナップとエンドゾーンを加算して23ヤードFG)の成功率は、だいたい95%らしい。5%近く成功率が下がるっていうことだよね。


2015年途中の非公式データなので、不確実ではあるけれど、とりあえずの集計としては、
キック(1点)の成功率:約94%
プレー(2点)の成功率:約48%
なんだそうだ。
つまり、100回やったとすると、
・全部キックの場合:100回×成功率94%×1点=94点
・全部プレーの場合:100回×成功率48%×2点=96点
逆転しちゃったね。


アメフトのルールを勉強するネコやったー!
ぜんぶ2点やるー!


アメフトのルールを解説するハムスターまあ、そんなに単純なことじゃないけどな、試合展開ってものがあるからね。
とりあえず、理論値でキックとプレーの期待得点がほぼ同じになるのが、ゲーム展開の幅が広がる的な意味で面白いんじゃないかなーって思うわけよ。


珍しくアメフトのルールを知っていたカエルポイント・アフター・タッチダウンも戦略で選ぶ時代でげすなー!?


アメフトのルールを解説するハムスターまあ、そうなっていくんだろうねえ。
じゃ、2ポイント・コンバージョンをやるべきタイミングを考えてみましょ。


アメフトのルールを知りたいネコやりたいときにやらせてあげたらいいじゃない!


アメフトのルールを解説するハムスターま、そうなんだけどさ。
とりあえずの正解は、
・どうしても2点ほしいときと、
・失敗して1点も入らなくてもいいとき、
の2つです。


 まず、どうしても2点ほしいときだね。

 一番分かりやすいのは、残り時間がなくなると同時にタッチダウンして、あとはトライ・フォー・ポイントだけで試合終了という状況で、2点差で負けてるとき。これはもう2ポイント狙うしかないね。
 残り2分で16点差で負けてるときっていうのもわかりやすい。2回タッチダウンしても7点ずつだと14点、3回攻撃する時間はない、だから2点を狙わないとだめ。
 11点差で負けてるときなんかもそうだね。8点取れれば、あとはFGで同点になれる、7点だと次もタッチダウンじゃないと負けちゃう。

 こんな感じで、どうしても2点ほしいっていうのは、大体残り時間が少なくなってきた負けてるチームに起こる。


アメフトのルールにはさほど興味がないクマ 失敗して1点も入らなくていいときっていうのは、とりあえず2点狙ってみようかなー、って感じのとき?
ハンバーグもエビフライも食べたいから、とりあえず両方にしとこうかなーって感じ?


ニヤニヤするルール解説ハムお前の例えはわかりにくいぞ。
まあ食いたきゃ食っとけばいいと思うよ。


 たとえば、あんまりないシチュエーションだけど、5点差で負けてるときにタッチダウンしたら、とりあえず6点入る。ってことは、1点リードすることになるね。
 ここでPATで1点とっても2点差。FGで逆転されちゃう点差にしかならない。したがって、1点差のままの場合とほとんど実質的には変わらないリードだね。
 でもPATでうまく2点とれれば3点差。FGされても同点にしかならない。

つまり、
 ・1点だけとってもあんまり意味ない
 ・2点とれると結構良い感じ
という状況がたまにあるってことね。

 こういうときは残り時間に関係なく2ポイント・コンバージョンがありうるよ。
 あとはヘッドコーチの性格次第だけどね。


アメフトのルールにはさほど興味がないクマ強いときは2枚、弱いときは1枚。


知ったかぶりをするカエルいいぞレイモンド、よく覚えたな



関連情報

  1. [10]8.スーパーボウルに個人でチケットを取って観戦に行く方法
  2. [10]07.これってNFLのルール的にアリですか!?
  3. [10]06.QBレイティング
  4. [10]05.ファンブルかインコンプリートか問題(タック・ルールの改正)
  5. [10]04.プレーはどこで終わるんだろう
  6. [10]03.OLを見るとプレーがわかる?
  7. [10]01.オーバータイム
  8. [09]03 主な反則04 パーソナルファール
  9. [09]03 主な反則03 反則になるブロック
  10. [09]03 主な反則02 プレー中の反則


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です