[イルカ観察日記] 第1週、ツアがマックにQBに1番大切なことを教えてやりましたよ!の巻

[イルカ観察日記] 第1週、ツアがマックにQBに1番大切なことを教えてやりましたよ!の巻

2021年シーズンが始まりました

ドルフィンズは、フローレスHC体制3年目、QBツア2年目、そろそろ結果を出し始めないといけない年です。
去年も10勝したものの、プレーオフには進出できずに終わりました。さしあたり今年の目標は、ワイルドカードでもなんでも良いからプに出ることでしょう。

戦力

ロスターには満遍なく不安はありますが、問題は選手よりもコーチ陣でしょう。ディフェンスは頼れる気がするけど、オフェンスは未知数。と言うか不安。と言うか迷走してる。
今年はようやくまともなQBコーチは招聘してもらえたものの、ツアが成長できる環境が整備されているかわかりません。

結果

MIA 17-16 NE

1点差だけど勝ち。相手はNEとはいえルーキーQBマックの初先発、というかNFLデビュー戦で、さすがに負けるとまずいよねって試合。
いや、負けたらまずい、って思いながら最後には大ピンチまであって薄氷の1点差でした。危なかった。

ツアvsマック

同じ大学出身、同じ学年、ツアがNFLにアーリーエントリーした後をマックが引き継いだっていう関係。ツアは全米1位のタイトルとともに(その後に怪我はあったものの)鳴り物入りでプロ入り。マックは地味なタイプだけどブレーデー様に身体能力の低さが似てるしNEが指名したしってことで盛り上がってる。
ツアは1年早くプロ入りしてるし、この状況で負けたらバストとか言われちゃうなーって雰囲気でした。

試合での2人を比較すると、こんな感じでした。

落ち着き:マック
パスの精度:マック
パスヤード:マック
レイティング:マック
総合:ツア

試合に勝った方が総合は上に決まってるんだもの。
みつを。

ツア

ツアの成績は、
パス27回中16回成功、202yds、1TD、1INT

失敗11回のうち、パスミスだなーって感じるのが5回、上手く投げてれば通ったなーってのが1回。ピンポイントで投げないと通らないかなってのが2回。他は無理なやつ。
ちゃんと投げてりゃタッチダウンだなってのも2回あったので、ちょっといまいちな印象でした。去年に比べると多少落ち着いて投げ込めてるかな、という程度ではありましたが、まだまだ成長していない。今年1年かけてQBコーチに教えてもらわないとだめだね。

マック

プロで初めてのパスプレーがこれ。



上から見ると、



これがインコンプリート。なるほど、こいつはNEのQBだ。手強いぞ。この瞬間、理解しました。

最初こそ腰が引けてる感のあったマックですが、どんどん良くなって落ち着いて。ツアがバタついたりパスミスしたりするのに対して、よく見えてる、良いパス投げたって思うのはマックの方が多かった。

マックに29/39、281yds投げられました。
基本的には、決め打ちのパスや、ヒッチ、スクリーンが多かったのですが、きちんとレシーバーを探したり、ブリッツの裏に投げたりといったプレーも多かった。落ち着いてたねえ。

コーチズフィルムを見たときのメモによると、ちゃんと見てるねーってパスは少なくともこれだけあった。

・2DEEPなのを見て奥の2人のセーフティーのシームに投げた。
・ゾーンでMIAのCB24が山張って前にでたのか、後ろのS21が遅すぎたのか、その間であいてるWRを見つけて投げた。
・プレーアクションに引っかかったCB40がガラ空きにしちゃったゾーンに投げた。
・LBと1対1になったRBにふんわり投げた。
・マンツーマンでWRがあくまで待って投げた。
・2人のWRがクロスして、あいてる方を判断して投げた。
・OLBがセット位置から内側に動いたのを見て、前にDがいなくなったWRに投げた。

これに加えて、ブリッツを見てその裏に投げたのが3回くらいあった。

まだまだプレーの種類は少なくて、同じプレーが何度も出てきたりしたけれど、それでも良い感じで、NEファンが盛り上がるのもわかる。

でも最後、自分のミスではまったくないにしても、持ってる奴はあそこで逆転するんだよなあ。勝つことが大切なんだぜ、ってツアが教えてやりましたよ。
ともあれマックはこれからどうなるか、楽しみでもあるけれど、NEにいる間は持ってないキャラでいてくれて良いんだよ。


オフェンス

良かったのは最初のシリーズだけ。
プレーアクション、スクリーン、決め打ちといった、ツアが判断しなくて良いプレーをテンポ良く続けて、きれいなドライブでタッチダウン。こういうのがツアが生きるってやつかもしれない。ゴフかよなんて言いっこなしよ。

しかし、1シリーズ分しか用意してなかったの?っていうくらい、次からは停滞。

パスプロも持たないし、ツアはレシーバーを探してからパスを投げるとミスするし、奥で空いてるレシーバーがいても見つけられずにチェックダウン投げちゃうし。

とはいえ、試合の最初のシリーズ、前半最後のドライブ、後半最初のドライブ、と良いタイミングで点が取れました。
終盤のピンチで逆転されてても、最後にもう1回攻撃できるチャンスは残る時間だったし、試合の組み立てとしては良いのかもしれません。全体的に非力すぎるけど。
とりあえずもうちょっと見ててワクワクするオフェンスをしていただきたいものです。


ディフェンス

マックに落ち着いてプレーされちゃったけど、ランもコンスタントに出されてた。

DLはさほど押されていなかったのですが、問題はやっぱり層の薄いLBで、特に52ロバーツと49サムくんのILBの2人。ロバーツは非力だし、サムくんは遅い。ずるずるゲインされることが多かった。OLB55ベイカーがいるサイドはそこそこ安心して見ていられるものの、避けられることも多く、穴がはっきりしている印象はありました。
やっぱりパスカバーに問題があったとはいえ、マッキニーをカットしたのが失敗だったのか。でも結局どのチームも拾ってないから、マッキニーにさらに何か問題があるのかもしれませんが。

パスディフェンスは、ブリッツを多めに入れつつも、ディープはしっかり守るという形が多かったように思います。去年はFSにマッケインという見守ることしかできない選手を入れていたもので、実質カバーゼロのプレーがほとんどでしたが、今年はカバー1と2ディープを混ぜて、ゼロは少なかった感じ。
CB25ハワードと、CB24ジョーンズは安定。Sは21ロウと29ジョーンズを中心に。残りのDBは30マコーティーと8ホランドが併用される感じ。CB40ニーダムと27コールマンが出てくると不安ではあるけれど、去年よりはアップグレードされている。はず。

その結果、そこそこゲインはされたけど、ロングゲインは意外と少なかったような。
そしてきちんとタックルして、3回のファンブルフォース、2回のリカバーをもぎ取った。
失点も16だし、まあよかろう。


来週はBUF@MIA


地元開幕戦。しかし地区優勝間違いなしでしょってくらいの評判のビルズ。
とはいえ、ビルズは開幕戦で負けています。

WEEK2のMIAにとって良いことは、
・WR3フラーがでられるかもしれない。
・LT73ジャクソンが復帰。
・TE80シャヒーンが復帰。
これでOLが安定して、パスパターンが増えれば良いな。

悪いことは、
・DT98デイビスがIR入り。
DLは70バトラーと92シーラーが頑張るしかない。

BUFがPIT戦の不調を引きずってくれてることを期待します。


MIA貯金

今年も頑張るMIA貯金。現地観戦の資金になるまで。
計算が面倒なので、
勝ち:1万円(ただし同地区は+5千円)
プレーオフ進出:2万円
地区優勝:4万円
プレーオフで勝利:2万円
にします。

去年の累計:124400円
WEEK1:15000円
→139400円



関連情報

  1. 独自プレシーズン最終戦。第5週 MIA@TB レビュー
  2. オフェンスのプレーコールは本当にクソだったのか問題。第4週IND@MIAレビュー
  3. [イルカ観察日記]レイダースさんの気遣いを無駄にして譲り合ってしまった第3週。MIA@LVレビュー
  4. [イルカ観察日記]無策&無策のオフェンス、スカウティング力も修正力もゼロだって露呈した第2週 BUF@MIA レビュー
  5. [イルカ観察日記] いかれた53人(+1)を紹介するぜっ! 2021年版
  6. [イルカ観察日記] ドラフト指名選手まとめ
  7. [イルカ観察日記] 現有戦力からドラフトでのニーズを考えるの巻
  8. [イルカ観察日記] 2020年ドルフィンズのいかれた最終ロスターを紹介するぜ
  9. [イルカ観察日記]すっきりした最終週MIA@BUF
  10. [イルカ観察日記]ツアの出来は交代させられるほど悪かったのか検証。第16週MIA@LV