[イルカ観察日記]審判と相手がクリスマスプレゼントをくれた第16週 MIA@BUF レビュー

[イルカ観察日記]審判と相手がクリスマスプレゼントをくれた第16週 MIA@BUF レビュー

さて。
これを書いている時点では、プレーオフ進出が決定してしまっております。
なんだか久しぶりすぎてプレーオフってどういうもんだったっけ、という感覚です。
去年までは、プレーオフなんてただの残業、しないほうが偉い。みたいなことをツイートしておりましたが、今年は撤回させていただきます、もうしわけございません。


■ひとまず冷静にレビューを
MIA@BUF試合前の時点では、9勝5敗。プレーオフ進出ラインは10勝だと思っていたので、あと1勝。しかし最終週はNEだし、今週勝たないと10勝には届かない。しかし、この時期のバッファローで勝つ確率は1/3くらいかな。と思っていました。


■審判からのクリスマスプレゼント
この試合を分けたのは審判だったんじゃなかろうか、という印象。
特に、序盤の流れが決まらないところでのパスインターフェアと、後半BUFに流れが行って同点かというときのパスインターフェア、2つ見逃してくれたのが大きかった。いや、運不運で片付けちゃ、不運側に回った時に辛すぎるから、審判しっかりしろってことなんだけど。
FG前の嫌がらせタイムアウトも審判に見逃されてたけど、それはまあそこまで大きなミスでもなかろう。


■ロン毛の恩返し
BUFのキッカーといえば(元)ロン毛の人。元ドルフィンズの人。(少なくともドルフィンズ時代は)キックが不安定な人。
きっとマイアミ時代にチームに迷惑をかけたから、今回はお詫びのつもりでFGを外してくれたんだ。しかも序盤と、なんとオーバータイムの、大事なところで2回も。すまんのう。


■ムーアたんの限界
一方で、先週に引き続き、QBムーアたんは最低限の出来、というところ。パスがちょっとづつ遅くて、常に危なっかしい印象。しかもターゲットをガン見するからバレバレで、さらにパスがずれれば当然インターセプトされる。まあ仕方ない。それでも試合をつくって、最終的に勝てたんだから、それでいいじゃないか。


■なんとかするRBたち
一方で、頼れるところを見せたのがRBたち。アジャイとドレイク。
試合を通じてOLは相手を押せなかったけれど、アジャイはコンタクト後にどうにかごりごり進めたし、ドレイクは一回だけだったけどグイッとカットバックして一発タッチダウンした。ムーアたんのアサイメントミスをカバーする働きまで見せる、頼れるRBたち。これが続かないと、さすがにムーアたんのパスだけじゃまずい。
一方で、ダミエンっていうRBは、後半時間がないところで無駄にフィールド内で粘ってハラハラさせるっていう不思議なことをした。こないだのサヨナラFGの時もなぜか残り1秒まで粘りまくってたし、もしかしたらルールを知らないのかもしれない。


■読めないキッカー
相手のキッカーに負けず劣らず、こちらのキッカーも不安定だった。今年はずっと不安定だから、これはもう調子とかじゃなくて実力なのかもっていう感じだけど。
この日も、BUFが勢いにのってどんどん追い上げてくるところで、勢いを削ぎたいのに40yds台のを失敗しちゃった。困る。その代わり、後半最後に55ydsを決めてオーバータイムに突入。よくわからんが、試合中に取り返したんだから、まあいいのか。


■ざる
そしていつも通りのディフェンス。問題はいつも通りのところで、つまり明らかで、もはや隠せなくて、きっとブレーデー様はずっとそこばっかりせめてくるんだろうなあ。
すなわち、OLBが両方怪我しちゃってるから控えになってて、だいぶイマイチ。そして、SSも怪我で控えで、ニッケルもまともな子がいなくて、かなりイマイチ。これらの4人ほどがフィールドの内側15ydsくらいまでのところに集中してるもんだから、その辺りのカバーがあってないようなもんで。もはやザルどころではない、穴である。フラフープでテニスは出来ないだろっていう状態で相手のドライブが続いていくんだよ。


■ともあれ
そんなこんなで、かなり流れは悪かったんだけれど、大勢がいろいろ助けてくれたおかげで、なんだか最後には勝ってしまいました。今シーズンは中盤以降こんな試合ばっかりで、これはツキなのか、コーチ陣の試合運びのうまさなのか、もはやわかりません。
一方で相手コーチのレックスはちょっとやることがちぐはぐだなって感じるところもあり、来年どうなるかなあ。って思ってたら、最終週を待たずにいなくなっちゃいましたね。


■懐かしの2008年
プレーオフのことはまたゆっくり書くとして、前回ドルフィンズがプレーオフに出たのは2008年シーズン。何があったかなあ、と思ってちょっと調べてみたら、もう歴史上の昔になっていた。

nfl2008年のワイルドキャットブーム

2008年のMIAの出来事といえば、
 呪われしキャム・キャメロンによる1勝シーズンの翌年
 パーセルズ体制初年度
 スパラーノ就任
 アシスタント兼DBコーチにボウルズもいた
 全体1位でLTジェイク・ロング指名
 QBペニントン獲得
 LBザック・トーマスとDEジェイソン・テイラー放出
 RBロニー・ブラウンとRBリッキー・ウィリアムスが頑張った
 大ブームだったワイルドキャットの仕掛け人がドルフィンズ

NFLの出来事は
 ブレーデー様が開幕戦で骨折
 MIAとNEが11勝、NYJが9勝、BUFが7勝。最強地区かよ
 SBはPITとARIのアレ

スポーツ界の出来事といえば、
 時津風部屋のかわいがり暴行事件
 北京オリンピック
 シンガポールGP初開催。ブリヤトーレ追放のきっかけにも。

一般の出来事といえば
 船場吉兆おかみさんコソコソ耳打ち事件
 秋葉原で加藤のテロ
 リーマンショック
 ロス疑惑の人が自殺
 オバマ当選
 てつやこむろ逮捕
 ムンバイのタージマハルホテル襲撃事件
 ぽーにょぽにょぽにょ


懐かしいなあって感じ。こりゃプレーオフがどんなもんだったか忘れるわけだよ。
というわけで、来週は究極の消化試合になるのか、プレーオフに備えて何かあるのか。



関連情報

  1. [イルカ観察日記]そろそろ来年の話をしたくなった第11週TB@MIA
  2. [イルカ観察日記]ぜんぶボロボロ第10週MIA@CAR
  3. [イルカ観察日記]アジャイが去って妙な希望が残った第9週 OAK@MIA レビュー
  4. [イルカ観察日記]第8週レビューつづき。あるいは、バイバイアジャイ
  5. [イルカ観察日記]どーしよーもない第8週MIA@BALレビュー(そして未完)
  6. [イルカ観察日記]ムーアたん登場でファンもテンションMAXなクラウドノイズ発生の第7週NYJ@MIA
  7. [イルカ観察日記]またも相手が魔空空間に落ちて勝ってしまった第6週MIA@ATL
  8. [イルカ観察日記]動かざること山のごとくいたらなぜか勝った第5週TEN@MIAレビュー
  9. [イルカ観察日記]悲しい第4週 対セインツ戦@ロンドン レビュー
  10. [イルカ観察日記]week3悲惨なMIA@NYJレビュー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です