[イルカ観察日記]MIAMIドルフィンズのサラリーキャップとリリース事情

[イルカ観察日記]MIAMIドルフィンズのサラリーキャップとリリース事情

シーズン終了時点では、来年のサラリーキャップはすでにオーバー。そのため仕掛けが早かったという感はありますが、すでに数名がカットされたドルフィンズです。
それでも今のところ、ちょうどサラリーキャップぴったりといったあたりで、まだまだ補強のためにはカットが必要。

とりあえず、カット対象になりそうな人たちをリストアップしてみます。
カッコ内はポジション、その後の数字はカットにより節約できる金額。

サラリーキャップのためには選手をカットしなければいけない

■カット済み
フォックス(OT)1.3M
コプルス(DE)7.8M
マッケイン(CB)2.7M

■本命
ジェニングス(WR)4M

■対抗
ジョーダン・ザ・全体3位(DE)3.2M
ミッチェル(DT)2.5M
トーマス(G/T)1.6M

■穴
ウェイクさん(DE)8.4M
グライムスたん(CB)6.5M

既にカットされた人たちの分でようやくキャップぎりぎり。本命と対抗を全部カットしたとしても、11Mちょっとしか空かない。型落ち3人雇ったらおわり。そんな補強でどうにかなるチームでもない。

ということは、カットレース上の穴馬にも手を付けなきゃいけない、ということになるのかも。
ウェイクさんは毎年怪我するし、グライムスたんもデカいレシーバーにはこてんぱんにやられる試合も少なくない。この2人をカットすれば、FAになっているヴァーノン(DE)とミラー(RB)を戻しても、まだ5Mくらいは残るんじゃなかろうか。でもねえ、ウェイクさんはチームの顔だし、グラたんしかまともなCBいないから出しにくいし。

困ったもんで。
ともあれ、続いてFAを考えないとですね。



関連情報

  1. それぞれの2022シーズン。ディフェンスとスペシャルチーム編
  2. それぞれの2022シーズン。オフェンス編
  3. それぞれの2022シーズン。コーチ編
  4. MIA頑張ったというかBUFだめだったというか、ワイルドカードプレーオフMIA@BUFレビュー
  5. 勝った以外に特に収穫なしの第18週NYJ@MIAレビュー
  6. 愚痴。第17週MIA@NEレビュー
  7. 前半20点、後半0点、ツアの脳震盪のせいなのか?の第16週GB@MIAレビュー
  8. 接戦はできたけど地力の差を見せつけられた第15週MIA@BUFレビュー
  9. 新たなツア対策が登場した第14週MIA@LACレビュー
  10. 予想通りになってしまった第13週MIA@SFレビュー


コメントを残す