[イルカ観察日記]MIAMIドルフィンズのサラリーキャップとリリース事情

[イルカ観察日記]MIAMIドルフィンズのサラリーキャップとリリース事情

シーズン終了時点では、来年のサラリーキャップはすでにオーバー。そのため仕掛けが早かったという感はありますが、すでに数名がカットされたドルフィンズです。
それでも今のところ、ちょうどサラリーキャップぴったりといったあたりで、まだまだ補強のためにはカットが必要。

とりあえず、カット対象になりそうな人たちをリストアップしてみます。
カッコ内はポジション、その後の数字はカットにより節約できる金額。

サラリーキャップのためには選手をカットしなければいけない

■カット済み
フォックス(OT)1.3M
コプルス(DE)7.8M
マッケイン(CB)2.7M

■本命
ジェニングス(WR)4M

■対抗
ジョーダン・ザ・全体3位(DE)3.2M
ミッチェル(DT)2.5M
トーマス(G/T)1.6M

■穴
ウェイクさん(DE)8.4M
グライムスたん(CB)6.5M

既にカットされた人たちの分でようやくキャップぎりぎり。本命と対抗を全部カットしたとしても、11Mちょっとしか空かない。型落ち3人雇ったらおわり。そんな補強でどうにかなるチームでもない。

ということは、カットレース上の穴馬にも手を付けなきゃいけない、ということになるのかも。
ウェイクさんは毎年怪我するし、グライムスたんもデカいレシーバーにはこてんぱんにやられる試合も少なくない。この2人をカットすれば、FAになっているヴァーノン(DE)とミラー(RB)を戻しても、まだ5Mくらいは残るんじゃなかろうか。でもねえ、ウェイクさんはチームの顔だし、グラたんしかまともなCBいないから出しにくいし。

困ったもんで。
ともあれ、続いてFAを考えないとですね。



関連情報

  1. スーパーボウル優勝候補に勝っちゃった第3週BUF@MIA
  2. 事故とミスは違うのだよという第2週MIA@BAL
  3. 新HCマクダニエル初戦で初勝利の第1週NE@MIA
  4. MIAMIドルフィンズ2022開幕ロスター
  5. NFL2022シーズン前の補強具合を計算してランキングにしてみたお
  6. 未練杯2022 GMたちの感想戦まとめ
  7. 未練杯2022感想戦
  8. ドラフト前の補強がほぼ終わったので現状と不安などまとめ
  9. シン・コーチ陣、残留ロスター、FA、サラリーキャップ、そしてドラフトへ。
  10. イカれたメンバーを紹介するぜ! ドルフィンズ2021シーズン選手の成長具合まとめ


コメントを残す

見出し部分

ウィジェットで指定してください。