[05]04(2)オフェンスの動きへの対応(パス・プレー編)

[05]04(2)オフェンスの動きへの対応(パス・プレー編)

アメフトのルールを知りたいネコランはわかった! もう絶対止められる!
そんじゃ、パスはどうやったらいいの!?


ニヤニヤするルール解説ハム
絶対止める云々の発言はスルーしといてやるよ。


パスを守る方法にも種類があるよ。
 ・1人ひとりのレシーバーにそれぞれディフェンスが1人ずつついて、パスを捕れなくする方法。
 ・フィールド全体にディフェンスを分散させておいて、どこにパスが投げられても誰かが追いつけるようにする方法。
 ・QBに向かってたくさんのディフェンスの選手を突進させて、パスを投げられなくする方法。
 大体このどれかか、組み合わせだね。


[05]05(1)マン・ツー・マン・カバー


アメフトのルールを知りたいネコ簡単なやつからお願いしますです!


ルール解説ハムはいよ。パス・カバーの中で一番分かりやすいのがマン・ツー・マン・カバーだね。これは単純、1人のレシーバーに1人のディフェンスがつく。パス・プレーの最初から最後までくっついてまわって、パスを捕るのを邪魔する。一対一だからマン・ツー・マンね。


050501_01
 基本的には、WRにはCB、TEにはSS(それかLB)、RBにはLBっていう組み合わせになるよ。その中で一番目立つのが、CBとWRの対決だね。


知ったかぶりをするカエルチームで一番スピードのある選手同士の戦いだなー。ロングパスとかインターセプトとかもよくあるしなー。


アメフトのルールを解説するハムスターマン・ツー・マンって言うけど、フリー・セーフティーは直接決まったカバー相手がいないってことも多いんだ。その場合、自由に動ける選手が1人いるってことで、マン・ツー・マン・カバーのマン・フリーなんて言ったりする。


 CBがWRに抜かれちゃったときに助けにいったり、QBがどこに投げるのか読めたときにインターセプトを狙ったり、FSはもともとカバーする相手がいないから思い切った動きができるんだね。

 マン・ツー・マン・カバーは、一番単純でわかりやすいから混乱が少ない。それから、必要な人数もゾーン・カバーに比べて少ないっていうのもメリットだね。だから余った分のセカンダリーにブリッツさせることもできるんだ。さっきの図だと、ILBが余ってるよね、だからブリッツに入って、DLと会わせて5人でパス・ラッシュができる。もう1人ブリッツを入れたとしても、フリーだったFSが誰かをカバーすれば大丈夫だね。
 逆に言えば、ブリッツが入ったプレーでは、ゾーン・カバーがやりにくいから、マン・ツー・マン・カバーが多くなるってこともである。


アメフトのルールを勉強するネコおっけー! これだけ知ってれば良いよねー!


アメフトのルールを解説するハムスター ただね、マン・ツー・マン・カバーはそれぞれが個人プレーだから、ディフェンスの個々の選手の能力に頼っちゃうことになるんだ。


 そうすると、例えばマン・ツー・マンをするDBの中に、ちょっと力の低い選手がいたりすると、その人が集中して狙われちゃったりする。それから、マン・ツー・マンだとDBはまずレシーバーの動きを見てついていかないといけないから、ラン・プレーだったら対応がすごく遅くなっちゃうこともあるんだ。


アメフトのルールが理解できないネコ 弱点いっぱいー。だめだー。


知ったかぶりするカエルすべてのプレーは一長一短なんだぜー。



前のページ:
[05]04(1)8メン・フロント
次のページ:
[05]05(2)2ディープ

関連情報

  1. [10]8.スーパーボウルに個人でチケットを取って観戦に行く方法
  2. [10]07.これってNFLのルール的にアリですか!?
  3. [10]06.QBレイティング
  4. [10]05.ファンブルかインコンプリートか問題(タック・ルールの改正)
  5. [10]04.プレーはどこで終わるんだろう
  6. [10]03.OLを見るとプレーがわかる?
  7. [10]02.2ポイント・コンバージョン
  8. [10]01.オーバータイム
  9. [09]03 主な反則04 パーソナルファール
  10. [09]03 主な反則03 反則になるブロック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です