[05]04(3)ゾーン・ブリッツ

[05]04(3)ゾーン・ブリッツ

ルール解説ハム はい、ブリッツを簡単に見てきたわけですがー。
ブリッツの弱点ってなんだったっけ?


なぜか優等生になってルールも知ってるクマええとですね、ブリッツはディフェンスにとって武器になるわけですが、プレー前あるいはプレー開始直後に相手QBに読まれてしまうと、かなり脆い面もあるっていうことですね。


 たとえば、LBがブリッツに入るプレーでは、そのブリッツに入ったLBが本来守るべきだったところには、最初はだれもディフェンスがいなくなります。もちろん他の選手がカバーするわけですが、そこに来るまでには時間が必要です。あるいはパスカバー担当が減って手薄になるゾーンができてしまう。つまり、そのゾーンにWRが走りこむと、フリーになる可能性が大きくなるわけです。もともとそのゾーンを守るはずだったLBはいないし、素早く内側に入るWRをDBがマン・ツー・マン・カバーするのは非常に難しいですからね。


アメフトのルールが理解できないネコえ…
お前なに、実はわかってるの…?


アメフトのルールを解説するハムスターそうだね、ブリッツの裏は穴になるってことだよね。
そこで、LBがブリッツに入るかわりに、DLをパス・カバーにまわすゾーン・ブリッツっていうのが生み出されたんだ。


 LBがブリッツ入るのを見て、QBはそのゾーンに早いパスを投げる。そこに、今度はディフェンス・ラインがパス・ラッシュをせずにまっすぐ下がっていく。

ゾーンブリッツのアサイメント

 緑の線のLBがブリッツに入っていって空いちゃったゾーンに、DTが下がっていくって感覚だね。さすがにパスカットをするのは厳しいけど、WRがパスを捕った瞬間に、巨大なDLがハード・ヒットすることができるんだ。


アメフトを純粋に考えるカエルなるほど。単にレシーバーに恐怖を与えるだけでなく、上手くいけばファンブルさせることもできますね。
さらに、ゾーン・ブリッツを何種類も使っていれば、誰がパス・ラッシュをしてくるのか、誰がパス・カバーに下がるのか、オフェンスはプレーがはじまるまで判断できなくなりますね。疑心暗鬼と読み合いこそフットボールの醍醐味ですよね。


アメフトのルールが理解できないネコお前も…?
もう、みんなキャラ変わりすぎ…




関連情報

  1. [10]8.スーパーボウルに個人でチケットを取って観戦に行く方法
  2. [10]07.これってNFLのルール的にアリですか!?
  3. [10]06.QBレイティング
  4. [10]05.ファンブルかインコンプリートか問題(タック・ルールの改正)
  5. [10]04.プレーはどこで終わるんだろう
  6. [10]03.OLを見るとプレーがわかる?
  7. [10]02.2ポイント・コンバージョン
  8. [10]01.オーバータイム
  9. [09]03 主な反則04 パーソナルファール
  10. [09]03 主な反則03 反則になるブロック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です