[05]02(11)ローバー体型

[05]02(11)ローバー体型

ルール解説ハムディフェンスのフォーメションの進化については、ひとまず現在の形まで説明したから一段落ね。あとは組み合わせというか変形要素のお話でーす。
まずはローバーについてー。


 ローバー体型っていうのはフォーメーションの名前じゃないんだ。ローバーっていうポジションの選手を使っているものを、たとえば「4-3のローバー体型」みたいに言ったりする。
 オフェンスのフォーメーションの、ツインとかウィングとかってのと同じような感じだね。

 で、ローバー(R)っていうのは、ストロング・セーフティー(SS)が本来の位置(LOSから10~12ydsあたり)から前にでてきて、5ヤード前後までオフェンスに近づいて配置されたときの呼び方でーす。


ローバーのいるディフェンスのアライメント


アメフトのルールを知りたいネコ
SSがピカチュウでローバーがライチュウみたいなもんだな?


知ったかぶりをするカエル
役割が違うんだからどっちが進化形とかないだろうよ。


アメフトのルールを解説するハムスターまあローバーって言ったほうが強そうだし、普通のSSっていうよりは役割も増えるけどね。


 4-3や3-4とかの、セーフティーが2人いるフォーメーションでは、オフェンスのストロング・サイドにいるセーフティーをストロング・セーフティー(SS)、ウィーク・サイドのセーフティーをフリー・セーフティー(FS)って呼ぶ。ストロング・サイドにはTEがいるから、ラン・プレーのときにはブロッカーが多くなるよね。

ローバーが必要になる過程


 そのため、SSはFSに比べてランに強い選手が使われるんだ。そのSSをさらにLBに近い役割で使うと、今度はローバーって呼ぶようになるってわけ。

 ランを守るにはフロントに8人選手がいると楽なんだけど、パスを守るにはDBが4人いるのが良い。でも1チームは11人だから、両方ともってわけにはいかないね。そこで、プレーによってDBとしてもLBとしても動ける選手がいたら良いよね!ってことでローバーが考え出されたんだね。
 ってことは進化形っぽい気もするよね。実際にランとパス両方に対応しないといけないし、LBやDLと連携してブリッツを仕掛けたりもするし、動きや役割がすごく多い選手になるんだ。負担も大きいし、すべての役割をこなせる選手もなかなかいない。


アメフトのルールを知りたいネコ
やっぱ進化してんじゃん!


アメフトのルールが分かった気になっているクマ
俺の事かー!


ルールを説明するハムちがう。



前のページ:
[05]02(10) 3-4
次のページ:
[05]02(12)ニッケルとダイム

関連情報

  1. [10]8.スーパーボウルに個人でチケットを取って観戦に行く方法
  2. [10]07.これってNFLのルール的にアリですか!?
  3. [10]06.QBレイティング
  4. [10]05.ファンブルかインコンプリートか問題(タック・ルールの改正)
  5. [10]04.プレーはどこで終わるんだろう
  6. [10]03.OLを見るとプレーがわかる?
  7. [10]02.2ポイント・コンバージョン
  8. [10]01.オーバータイム
  9. [09]03 主な反則04 パーソナルファール
  10. [09]03 主な反則03 反則になるブロック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です